Programming Field

DOS コマンド一覧

PRN (プリンタポート)・LPTn (パラレルポート)

「LPTn」はデバイスファイル名の一種で、パラレルポートを表します。nには数値が入り、実際は「LPT1」「LPT2」「LPT3」(1~3のみ)となります。

「PRN」はプリンタポートを表しますが、MS-DOSによって「LPT1」に関連付けられます。

サンプル1
print /D:LPT2 doc.txt

Printコマンドで印刷を行う際、出力先を「LPT2」にします。

サンプル2
echo cmdtext > PRN

PRNにコマンドとして「cmdtext」文字列を送信します。(デバイス側がこのコマンドを認識する必要があります。)