Programming Field

DOS コマンド一覧

スポンサーリンク

ここでは、MS-DOSプロンプトとWindowsのコマンド プロンプトで使用できるコマンドを紹介しています。一部を除き、各コマンドにプロンプト上やバッチファイルなどで使用可能なサンプルも掲載しています。

※ ここでは PowerShell については今のところ扱いません。
※ ここで「Windows NT 系のみ」と表記しているものは、Windows XP(または2000)の「cmd.exe」、または一時期のPlatformSDKに付属していた「win95cmd.exe」で当てはまるもので、すべてのバージョンを調べているわけではありません。「command.com」では同じ Windows のバージョンでも当てはまらない可能性があるので注意してください。
※ 下記一覧でリンクを設定していないコマンドについては、今後ページを作成する可能性がありますが現在は未作成です。
※ コマンドの掲載基準は特にありません。未掲載=使用頻度が極端に低い、とは限りませんのでご了承ください。

コンテンツ

コマンド一覧

  • パイプ記号/リダイレクション
    • |
      • [パイプ] 左コマンドの出力を右コマンドの入力にします。
    • <
      • [入力リダイレクト] 指定ファイルの内容をコマンドの入力にします。
    • >
      • [出力リダイレクト] コマンドの出力を指定ファイルに書き込みます。
    • >>
      • [出力リダイレクト] コマンドの出力を指定ファイルに追加します。
  • コマンド/プログラム一覧
    コマンド名は組み込みコマンド、コマンド名は外部コマンド(プログラム)です。
    コマンド名はコマンドプロンプトとそこで動作するバッチファイルでのみ組み込みコマンドとして扱われます。
    • A
    • Adddrv
      • 現在のセッションにキャラクタデバイスファイルを読み込みます。
    • Append
      • 指定ディレクトリ以下のファイルを現在のディレクトリにあるかのように設定します。
    • Attrib
      • ファイルやディレクトリの属性を表示・変更します。
    • B
    • Break
      • Ctrl+Cが入力された際の設定を変更します。
    • C
    • Call
      • バッチファイル内からバッチファイルを終了することなく呼び出します。またはサブルーチンを実行します。
    • Cd
      • 現在のディレクトリを変更します。
    • Chcp
      • 現在のセッションのコードページを表示・変更します。
    • Chdir
      • 現在のディレクトリを変更します。
    • Chev
      • 現在のセッションの言語(モード)を切り替えます。
    • Chkdsk
      • ディスクの検査を行います。
    • Choice
      • 画面上に選択肢を表示し、入力を促します。
    • Clip
      • 与えられた入力をクリップボードにコピーします。
    • Cls
      • 画面出力を消去します。
    • Cmd
      • Windowsコマンドインタープリター(コマンドプロンプト)を実行します。
    • Color
      • プロンプトの色を変更します。
    • Command
      • MS-DOSコマンドインタープリター(MS-DOSプロンプト)を実行します。
    • Comp
      • ファイルの比較を行います。
    • Copy
      • ファイルのコピーを行います。
    • D
    • Date
      • システムの日付を表示・変更します。
    • Del
      • ファイルの削除を行います。
    • Deldrv
      • 現在のセッションに読み込まれたキャラクタデバイスファイルを解放します。
    • Deltree
      • ディレクトリツリーの削除を行います。
    • Dir
      • ディレクトリ内のファイルを一覧表示します。
    • Diskcomp
      • ディスクの比較を行います。
    • Diskcopy
      • ディスクのコピーを行います。
    • Doskey
      • プロンプトの入力補助設定を行います。
    • E
    • Echo
      • 画面に文字を出力します。またはプロンプトの表示・非表示を切り替えます。
    • Endlocal
      • 環境のローカル化を終了します。
    • Erase
      • ファイルの削除を行います。
    • Exit
      • プロンプトを終了します。
    • Expand
      • 特定の方式で圧縮されたファイルを展開します。
    • F
    • Fc
      • ファイルの比較を行います。
    • Find
      • ファイルから文字列を検索します。
    • Findstr
      • ファイルから文字列を検索します。Findより高度な検索オプションを指定することができます。
    • For
      • 指定パターンに一致するファイルまたはテキストに対してコマンドを実行します。
    • Forfiles
      • 指定のディレクトリ以下にあるファイル/ディレクトリに対してコマンドを実行します。
    • Format
      • ドライブのフォーマットを行います。
    • G
    • Goto
      • バッチファイルで指定したラベルの位置に制御を移します。
    • H
    • Hostname
      • Hostnameプログラムを実行したコンピューターに対するホスト名を画面に出力します。
    • I
    • Icacls
      • アクセス制御リスト(ACL)の表示・変更を行います。
    • If
      • 指定した条件に一致する場合にコマンドを実行します。
    • L
    • Label
      • ドライブのボリュームラベルを表示・変更します。
    • Lh
      • 上位メモリに常駐プログラムを読み込みます。
    • Loadhigh
      • 上位メモリに常駐プログラムを読み込みます。
    • M
    • Md
      • ディレクトリを作成します。
    • Mem
      • 常駐プログラムのメモリ使用状況を出力します。
    • Mkdir
      • ディレクトリを作成します。
    • Mklink
      • シンボリックリンクやハードリンクなどを作成します。
    • Mode
      • デバイス設定の変更を行います。
    • More
      • 長い出力を1画面ずつに分割して出力します。
    • Mountvol
      • ボリュームのドライブ割り当てを管理します。
    • Move
      • ファイルを移動します。
    • P
    • Path
      • プログラムの検索パスを表示・設定します。
    • Pause
      • 処理を停止(ポーズ)し、プロンプト上で何らかのキー入力を促します。
    • Popd
      • 直前に行われたPushdのディレクトリ移動を戻します。
    • Print
      • テキストをプリンターに送信し印刷します。
    • Prompt
      • プロンプトの表示を設定します。
    • Pushd
      • 現在のディレクトリを記憶しつつ別ディレクトリに移動します。
    • R
    • Rd
      • ディレクトリを削除します。
    • Recover
      • ファイルの復旧(復元)を試みます。
    • Reg
      • Windowsレジストリの操作を行います。
    • Rem
      • 何も処理を行いません。バッチファイル内での注釈の記述に利用します。
    • Ren
      • ファイル名を変更します。
    • Rename
      • ファイル名を変更します。
    • Replace
      • 指定ディレクトリ内のファイルで別ディレクトリのファイルを置き換えます。
    • Rmdir
      • ディレクトリを削除します。
    • Robocopy
      • 指定した条件を利用してファイルやディレクトリのコピーを行います。
    • S
    • Scandisk
      • ディスク(ドライブ)の検査やファイルシステムの修復を行います。
    • Set
      • 環境変数を表示・変更します。
    • Setlocal
      • 環境のローカル化を行い、環境変数などの変更が一時的なものになるようにします。
    • Setver
      • MS-DOSのバージョンテーブルを管理し、特定プログラムに見せるMS-DOSバージョンを変更します。
    • Setx
      • ユーザー別/システム全体の環境変数設定に値を追加・変更します。
    • Shift
      • バッチファイルに渡された引数をずらし、10個以上の引数を扱えるようにします。
    • Sort
      • 与えられた入力を行ごとに比較し、並び替えて出力します。
    • Start
      • プログラムの起動、またはファイルの既定処理を実行します。
    • Subst
      • 特定ディレクトリを仮想的なドライブに割り当てます。
    • Switch
      • MS-DOSの言語環境を切り替えます。
    • Sys
      • MS-DOSの起動ディスク用ファイルをドライブにコピーします。
    • Systeminfo
      • システム情報を表示します。
    • T
    • Tasklist
      • 現在実行中のプログラムを一覧表示します。
    • Taskkill
      • 現在実行中のプログラムを終了させます。
    • Time
      • システムの時刻設定を表示・変更します。
    • Timeout
      • 一定時間待機(入力待ち)を行います。
    • Title
      • プロンプトウィンドウのタイトルを変更します。
    • Tree
      • ディレクトリ内のファイルや子ディレクトリをツリー表示します。
    • Type
      • ファイルの中身を出力します。
    • Tzutil
      • タイムゾーンの設定を表示・変更します。
    • V
    • Ver
      • MS-DOSやWindowsのバージョンを出力します。
    • Verify
      • ファイルの書き込みを検査するかどうかを設定します。
    • Vol
      • ボリュームラベルとボリュームシリアル番号を表示します。
    • W
    • Where
      • パターンに一致するファイルを検索してその場所を出力します。
    • Whoami
      • 現在のセッションに基づくユーザー名やグループ名、権限などを出力します。
    • X
    • Xcopy
      • ファイルやディレクトリのコピーを行います。
  • 特殊な文字・デバイス名 etc
    • @
      • バッチファイルでコマンドのエコーバックを抑制します。
    • :
      • バッチファイルでラベルを宣言します。
    • ;
      • Config.sysファイルでコメントの記述に利用します。
    • %
      • 環境変数の値やバッチファイル引数の値の取得に利用します。
    • !
      • 環境変数の遅延展開時に利用します。
    • ^
      • 直後の特殊文字を通常文字として扱います。または複数の行を単一の行として扱うようにします。
    • &
      • 2つのコマンドを連続して実行します。
    • ||
      • コマンドの実行に失敗した場合に実行するコマンドを指定する際に利用します。
    • &&
      • コマンドの実行に成功した場合に実行するコマンドを指定する際に利用します。
    • ( )
      • 複数のコマンドをグループ化して単一コマンドのように扱います。
    • ワイルドカード
      • あいまいな名前を検索する際に利用する書式です。
    • CON
      • 「コンソール」を表すデバイスファイルです。
    • NUL
      • 「何もないファイル」を表すデバイスファイルです。
    • AUX
      • 既定のシリアルポートに接続されたデバイスとやり取りする際に利用するデバイスファイルです。
    • COMn
      • 特定の番号に対応するシリアルポートに割り当てられたデバイスとやり取りする際に利用するデバイスファイルです。
    • PRN
      • 既定のパラレルポートに接続されたデバイス(プリンター)とやり取りする際に利用するデバイスファイルです。
    • LPTn
      • 特定の番号に対応するパラレルポートに割り当てられたデバイスとやり取りする際に利用するデバイスファイルです。
  • 代表的な環境変数
    • COMSPEC
      • コマンドインタープリターの場所を保持する環境変数です。
    • PATH
      • 実行するプログラムの検索パスを保持する環境変数です。
    • PATHEXT
      • 拡張子が省略された際に付加を試みる拡張子リストを保持する環境変数です。
    • PROMPT
      • プロンプト表示設定を保持する環境変数です。
    • TEMP
      • 一時的なデータやり取りに利用するディレクトリのパスを保持する環境変数です。
    • TMP
      • 一時的なデータやり取りに利用するディレクトリのパスを保持する環境変数です。