Programming Field

DOS コマンド一覧

Exit

現在のコマンド インタープリター(command.com、cmd.exe)を終了します。

構文

exit [/B] [<exit-code>]
/B
[Windows NT 系] バッチプログラムでこれを指定すると、バッチプログラムのみ終了します。
<exit-code>
[Windows NT 系] /B が指定されているときは、バッチプログラムの終了コードを指定します。そうでない場合は、cmd.exe の終了コードを指定します。いずれの場合も、呼び出し元のバッチプログラムでは If Errorlevel でチェックすることができます。

解説

現在実行しているcommand.comまたはcmd.exeを終了します。/B の指定がない限り、バッチプログラムでこれを使用するとバッチプログラムだけでなく呼び出し元のcommand.com/cmd.exeも終了してしまうので注意が必要です。

[MS-DOS/Windows 95/98/Me] 「command /K」でバッチファイルが実行されている場合にExitコマンドが実行されると、/K オプションで行われるはずの「引き続きプロンプトを表示」が行われず、そのまま command.com が終了します。なお、command.com の終了コードは 0 に設定されます。

[Windows NT 系] 「cmd /k」でバッチファイルが実行されている場合に /B の指定なしにExitコマンドが実行されても、/K オプションで行われる「引き続きプロンプトを表示」が行われます。

[Windows NT 系] 終了コードは以下の扱いになります。

なお、「exit /B」の例についてはCallをご覧ください。