Programming Field

Ipconfig - DOS/コマンドプロンプト コマンド一覧

スポンサーリンク

[Windows NT系/XP 以降] ネットワークアダプターに割り当てられているIPアドレスの表示や関連する操作を行います。

構文

ipconfig[.exe] [/allcompartments]
    [/all |
    /renew [<adapter>] | /renew6 [<adapter>] |
    /release [<adapter>] | /release6 [<adapter>] |
    /flushdns | /displaydns | /registerdns |
    /showclassid <adapter> | /showclassid6 <adapter> |
    /setclassid <adapter> [<classid>] |
    /setclassid6 <adapter> [<classid>]]

※ /allcompartments 以外はいずれか1つのオプションのみ(またはオプションなし)を使用することができます。

オプション一覧

<adapter> 各オプションに存在する <adapter> にはネットワークアダプター名を指定します。アダプター名はコントロールパネルの「ネットワークと共有センター」→「アダプターの設定の変更」で表示される項目の名前に該当します。(そこから名前を変更することも可能です。)
/allcompartments [Windows Vista以降] すべてのネットワークコンパートメントに対して操作します(情報を表示、または設定を変更します)。
/all 各アダプターに対する詳細な情報を出力します。/all を指定しなかった場合はIPアドレスやデフォルトゲートウェイなどが出力されます。
/renew [<adapter>]

<adapter> に割り当てられているIPアドレス(IPv4)をリフレッシュします。自動割り当ての場合以前とは異なるアドレスが割り当てられる場合があります。

<adapter> 指定を省略した場合は利用可能なすべてのアダプターのアドレスをリフレッシュします。

/renew6 [<adapter>] [Windows Vista以降] /renew と同様ですが、IPv6 アドレスをリフレッシュします。
/release [<adapter>] <adapter> に割り当てられているIPアドレス(IPv4)を解放します。解放した後は、/renew でリフレッシュするまで仮のIPアドレスが割り当てられる場合があります。
/release6 [<adapter>] [Windows Vista以降] /release と同様ですが、IPv6 アドレスを解放します。
/flushdns DNSリゾルバーキャッシュを破棄します。ドメイン名のアドレスを改めてDNSサーバーに問い合わせるようにしたい場合に使います。
/displaydns DNSリゾルバーキャッシュの内容を一覧で表示します。キャッシュされたドメイン名すべてが表示されるため、膨大な量の出力になる場合があります。
/registerdns DNSサーバーに登録されているクライアント情報(DNS名)の再登録を行います。このコマンドの実行には管理者権限が必要です。
/showclassid <adapter> <adapter> (のクライアント)に割り当てられているすべてのDHCPクラスIDを表示します。設定するには /setclassid を使用します。
/showclassid6 <adapter> [Windows Vista以降] /showclassid と同様ですが、DHCPv6クラスIDを表示します。
/setclassid <adapter> [<classid>] <adapter> (のクライアント)のDHCPクラスIDを設定します。クラスIDはDHCPサーバーで認識されるものを使う必要があります。なお、<classid> を省略すると設定なしにすることができます。このコマンドの実行には管理者権限が必要です。
/setclassid6 <adapter> [<classid>] [Windows Vista以降] /setclassid と同様ですが、DHCPv6クラスIDを設定します。このコマンドの実行には管理者権限が必要です。

解説

Ipconfig使用例

Ipconfig は主にネットワークアダプターが関係する以下の機能を提供します。

  • IPアドレスの現在値の表示と更新・リリース (オプションなし・/all・/renew・/renew6・/release・release6)
  • DNS関連の操作 (/flushdns・/displaydns・/registerdns)
  • DHCPクラスIDの設定 (/showclassid・/showclassid6・/setclassid・/setclassid6)

ネットワークやインターネットに接続できない場合に、アダプターが正常に機能しているかどうかをチェックしたり、簡易的なメンテナンスを行ったりする際に利用することができます。

サンプル1

ipconfig /renew Wi-Fi

アダプター名が「Wi-Fi」のアダプターに割り当てられているIPv4アドレスをリフレッシュします。

サンプル2

ipconfig /flushdns

DNSリゾルバーキャッシュを削除し、以降の接続でホスト名を解決する際に新たにアドレスを問い合わせるようにします。