Programming Field

DOS コマンド一覧

Pause

バッチプログラムを一時停止し、キー入力を待つ状態にします。

構文

pause

解説

ユーザーの入力を待つコマンドです。Choiceは特定の文字のみ受け付けますが、Pauseはどのキーでも受け付け、1つでも入力があれば待機を終了します。なお、入力されたキーを取得することはできません(Choiceを使用して処理を工夫する必要があります)。

[Windows NT系] [拡張構文] 「Set /P」を使用すると入力を待つだけでなく、入力された文字を取得することもできます。

サンプル 1
pause

画面に以下の表示をして何かキーの入力を待ちます。キー入力があったら次の処理に進みます。

続行するには何かキーを押してください . . .

なお、Ctrl+C が押されたらバッチ処理は終了されます。

サンプル 2 (バッチファイル)
echo エラーが発生しました。何かキーを押すと続行します。
pause > NUL

キー入力を待つ際に表示させるメッセージを変えたい場合、「>」を使って出力を制御することで、既定のメッセージを表示させないようにすることができます。