Programming Field

DOS コマンド一覧

Setver

[MS-DOS, Windows 95/98/Me] バージョンテーブルを管理します。プログラムを実行する際の「MS-DOSのバージョン」を設定することができます。

構文

setver[.exe] [<setver-path>] [<file-name> [<version> | /DELETE [/QUIET]]
<setver-path>
Setver.exeの場所(ディレクトリ)を指定します。指定するとこのディレクトリにあるSetver.exeが実行されます。
<file-name>
バージョンを設定するプログラムのファイル名を指定します。
<version>
MS-DOSのバージョンを「n.nn」の形式で指定します。(6.20、4.00など)
/DELETE
バージョンテーブルからプログラムを削除します。
/QUIET
削除する際に表示されるメッセージを表示させないようにします。

解説

Setverを利用することで、実行するDOSプログラムが認識するMS-DOSのバージョンを変更することが出来ます。特に、新しいバージョンのMS-DOSで古いMS-DOS向けに作られたプログラムを実行する際、MS-DOSのバージョンチェックに引っかかることがある場合、このコマンドを用いてバージョンテーブルを変更し、バージョンチェックをパスさせることが出来ます。