Programming Field

DOS コマンド一覧

Sys

[MS-DOS・Windows 95/98/Me のみ] MS-DOSのシステムファイルをコピーします。

構文

sys[.com] [<drive>:][<path>] <target-drive>:
[<drive>:][<path>]
システムファイルのコピー元ドライブ/パスを指定します。ドライブ文字の後ろには「:」が必要です。ドライブのみを指定した場合はそのドライブのルートディレクトリから、パスのみを指定した場合は現在のドライブにあるパスから、両方とも指定しなかった場合は現在のドライブのルートディレクトリからコピーします。
<target-drive>
コピー先のドライブを指定します。ドライブ文字の後ろには「:」が必要です。

解説

MS-DOSのシステムファイル(Io.sys・Msdos.sys・Command.com・Dblspace.binまたはDrvspace.bin)をコピーします。主にフォーマット直後のディスクドライブに対して用い、そのディスクを起動ディスクとして扱えるようにします。特に、Io.sys・Msdos.sys・Dblspace.binまたはDrvspace.binはシステムファイル属性があるため、通常のCopyコマンドのみではコピーできません。

コピーされるシステムファイルのバージョンはコピー元に依存します。例えばWindows 95のMS-DOSプロンプトでコピー元を省略して実行した場合、Windows 95で使われるシステムファイル(MS-DOS 7.x)が用いられます。そのため、コンピューターの修復目的でSysを使う場合は、コピー元のデータとコピー先(修復対象)のコンピューターのバージョンが一致しているか注意する必要があります。