Programming Field

DOS コマンド一覧

AUX, COMn (シリアルポート)

「COMn」はデバイスファイル名の一種で、シリアルポートを表します。nには数値が入り、実際は「COM1」、「COM2」、...、「COM9」となります。

「AUX」もシリアルポートを表しますが、これは「COM1」と同じものと見なされます。

例として、シリアルポートはモデムを接続する際に使用されます。

サンプル1
type modemcmd.txt > COM2

Typeコマンドを用いて「modemcmd.txt」の中身を読み込み、COM2に出力します。

サンプル2
type COM3

COM3からデータを受信し、それを画面(コンソール)に出力します。デバイスファイルもファイルとして使うことができるため、Typeコマンドを用いることでCOM3ポートからデータを読み込むことができます。(CopyコマンドとCONの組み合わせでは多くの場合データの受信が終わるまで画面に出力されません。)