Programming Field

DOS コマンド一覧

Type

指定したファイルの内容を(標準出力に)出力します。

構文

type [<file-name>]
<file-name>
出力したいファイルのパスを指定します。

解説

テキストファイルの中身をそのまま画面に出力します。なお、EOF文字(0x1A、Ctrl+Z文字)が含まれている場合はその文字の直前までが出力されます。

サンプル1
type C:\CONFIG.SYS

ファイル「CONFIG.SYS」の中身を表示します。

サンプル2
type setup.txt | more

パイプ「|」を使い、setup.txtの内容をMoreコマンドに送っています。これにより、setup.txtの中身が長い場合1画面ずつ表示させることができます。

サンプル3
type CON > hello.txt

プロンプトで入力された文字を「hello.txt」に出力します。入力を終了する場合はEOF文字を入力します(Ctrl+Zを押してエンターを押す)。

[MS-DOS, Windows 95/98/Me] なおCopyコマンドを用いる場合と異なり、0バイトのファイルを作成することもできます(入力待ちになったらすぐCtrl+Zを押してエンターを押す)。