Programming Field

トップページ

スポンサーリンク

このページではプログラミングの技術情報などを扱っています。

コンテンツ

最近更新されたコンテンツ

typeof - TypeScriptキーワード一覧 2018-09-13
TypeScriptにおいて、キーワード「typeof」は主に「typeof 演算子」と「型クエリー」の用途で用いられます。前者はES2015の仕様の一部であり、後者はTypeScript独自の仕様で定義されています。もっと見る...
boolean - TypeScriptキーワード一覧 2018-09-05
TypeScriptにおけるキーワード「boolean」は『Booleanプリミティブ型』、すなわち「bool 型」(ブール型)を表す型名として使用されます。「true」と「false」のみを持つ型として定義されており、条件分岐などに用いられるオプション指定(フラグ)用の変数で利用されます。もっと見る...
unknown - TypeScriptキーワード一覧 2018-09-02
TypeScriptにおけるキーワード「unknown」は「unknown 型」を示すキーワードとして用いられます。「unknown 型」は「不明な型」を表し、型ガード等を行わない限りほとんどの操作を行うことができないという制約を持ちます。「any 型」よりも厳密に「不明な型である」ことを示す場合に利用されます。もっと見る...
TypeScriptキーワード一覧 2018-08-22
このページではTypeScriptで「キーワード」、すなわち特殊な意味を持つ単語・識別子として使用されるものを紹介しています。TypeScriptはES2015のスーパーセットとしてES2015でキーワードであるものに加え、型付けを行うためにいくつかのキーワードを追加しています。もっと見る...
ES2015のPromise 2018-08-04
ES2015の仕様で導入されたJavaScriptの「Promise」は、非同期処理の結果を保持するクラスであり、コールバック関数等で結果を受け取る際の便利クラスとして利用されます。非同期処理の結果を抽象化したり、チェーンを作ることによって、多くのケースでコールバック関数を多段的に記述するようなことを避けることができたりするなどのメリットがあります。もっと見る...
Tzutil - DOS コマンド一覧 2018-06-12
「tzutil」プログラムは現在のユーザーに対するタイムゾーンの設定を表示・変更します。GUIを利用せずに設定の変更を行うことができるため、コンピューターの初期設定の一環でタイムゾーン設定を行う場合などに利用できます。もっと見る...
VBからCLR(.NET)を利用する その3[発展編] 2018-04-29
VB6.0/VBA上で構築したCLR(Common Language Runtime: 共通言語ランタイム)の呼び出し環境にて、ライブラリに渡すDelegateオブジェクトの作成や、その他機能の利用方法などを紹介します。もっと見る...
VBからCLR(.NET)を利用する その2[呼び出し編] 2018-04-25
VB6.0/VBA上で構築したCLR(Common Language Runtime: 共通言語ランタイム)の呼び出し環境を利用し、VBのコードからCLR/.NETのアセンブリをロードして各種クラスのインスタンス作成やインスタンスメソッド・スタティックメソッドの呼び出しを行います。もっと見る...
VBからCLR(.NET)を利用する その1[準備編] 2018-04-22
ここではCLR(Common Language Runtime: 共通言語ランタイム)、あるいは.NETのライブラリをVB6.0やVBAから利用する方法を紹介しています。COM相互運用機能ではなくCLRをほぼ直接取り扱うため、この方法によりほぼすべてのライブラリを利用することができます。もっと見る...
コードネーム一覧 2018-03-24
このページでは音楽における代表的なコード(コードネーム; chord, chord name; 和音名)の一覧を掲載し、その解説を行っています。また、コード名を直接入力して検索するツールなども掲載しています。もっと見る...

(これ以前の更新は「更新履歴」をご覧ください。)

更新履歴 (RSS)

カウンター 掘り出し物