Programming Field

コード判別 Easyコーダー

スポンサーリンク

和音からコード名を計算して判別・逆引きするページです。

Easyコーダーの使い方はページ後半をご覧ください。

※ コード名から和音を出すには、「コードネーム一覧」の「音作成ツール」をご利用ください。
※ メロディーから和音・コード名を判定するには、「メロディー和音判定」をご利用ください。

音入力フォーム

※ MIDIデバイスを入力に使う場合は、デバイスを接続した上で「入力設定」で選択してください。

キーボード

表示スタイル:

第1順位 第2順位 第3順位

選択したコード名:

選択したコードの構成音:

ギター

なし 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

押さえた音:

判別結果はキーボードの模式図下にあります

使い方

画面・操作方法

「音入力フォーム」にキーボードとギターの模式図があります。いずれかの模式図において、コードを判別したい和音に含まれる音の四角()または丸()をチェックまたは解除すると、チェックされた音に応じて「第1順位」「第2順位」「第3順位」にコードが表示されます。

  • キーボードの模式図における丸いチェック()は、その音が「根音」と分かっている場合にチェックを入れます。
  • ギターの模式図では、音を鳴らさない弦がある場合はその弦に対応する「なし」の丸いチェックをONにしてください。また、「根音不明」をチェックしない場合は、音を鳴らしている一番下の弦を根音として判定を行います。
  • コードの判別は最後にクリックした模式図においてチェックが入った音に対して行われます。例えば、キーボード模式図上の音をクリックした後にギター模式図上の丸をクリックすると、コード判別はギター模式図に対して行われます。

「音入力フォーム」にキーボードとギターの模式図があります。いずれかの模式図において、コードを判別したい和音に含まれる音にチェックマークをセットまたは解除すると、チェックされた音に応じて「第1順位」「第2順位」「第3順位」にコードが表示されます。

  • キーボードの模式図においては、破線で区切られている鍵盤については上半分を、区切られていない鍵盤についてはどこでもクリックorタッチすると、その鍵盤の色が変わり丸いチェック()が付きます。また、その音が「根音」と分かっている場合には破線で区切られた部分の下半分をクリックorタッチしてチェック()を入れます。なお、「」のマークはその鍵盤がフォーカスされていることを示します。
  • ギターの模式図では、音を鳴らさない弦がある場合はその弦に対応する「なし」の丸いチェックをONにしてください。また、「根音不明」をチェックしない場合は、音を鳴らしている一番下の弦を根音として判定を行います。
  • コードの判別は最後にクリックした模式図においてチェックが入った音に対して行われます。例えば、キーボード模式図上の音をクリックした後にギター模式図上の丸をクリックすると、コード判別はギター模式図に対して行われます。

キーボード模式図上にある「表示スタイル」は以下の種類から選択できます。

  • タッチスタイル: キーボードの鍵盤全体がクリック/タッチ可能となり、クリック/タッチによってその音にチェックを入れることができます(既定のスタイル)。
  • クラシックスタイル: キーボード上にチェックボックスなどのパーツを表示します。

キーボード模式図を使ってコード判別をした場合に、判別されたコードをリストで選択すると、模式図で選択した音にマークがつく場合があります。このマークはその音の和音における役割を表します。例として「root」は根音、「3rd」は第3音(メジャー/マイナー問わず)、「7th」は(短)7音を指しています。

音の再生機能

※ この機能は最新のブラウザーでのみ動作します。IE11では動作しません。

「再生」ボタンが表示されている場合、機械音で和音を再生します。キーボード模式図下の「再生」ボタンでは、チェックを入れた音に対応する和音を再生し、「選択したコード名」の表記横にある「再生」ボタンでは、選択したコードに対応する和音を再生します。

MIDI入力デバイス

※ この機能は2019年7月現在Google Chromeでのみ対応しています。

お使いのデバイスでMIDIキーボードなどのMIDI入力デバイスが利用可能である場合、「入力設定」にて「MIDI入力デバイス」が選択可能になっている可能性があります。ここで対応するデバイスを選択すると、そのMIDI入力デバイスで演奏された音がキーボード模式図上に反映されます。なお、手動でチェックを入れていた場合は、根音に対するチェック以外リセットされ、MIDI入力デバイスの音の状態が反映されます。

備考

  • コード名では、「♯」は「#」、「♭」は「b」で代用しています。
  • メジャーセブン = 「M7」、マイナーメジャーセブン = 「mM7」、ディミニッシュ(減三和音) = 「dim」、ディミニッシュセブン = 「dim7」、オーギュメント(増三和音) = 「aug」
  • 「第1順位」「第2順位」「第3順位」はどれだけ一致しているかを順位で示しています(小さい数字ほど一致度が高くなります)。リスト内の和音はC, D, E, ...の順に並んでおり、リスト内の順序は一致度とは無関係です。
  • パワーコードは判定せず、メジャーとマイナー両方が候補に入ります。
  • ギターの各弦の音は標準的な調律(下からE, A, D, G, B, E)としています。カポタスト込みの判定を行う場合は、カポタストをセットするフレットのチェックをすべて入れ、その位置から数えて実際に押さえるフレットのチェックを入れてください。
  • 度数のシャープ・フラットは「+」と「-」で表記しています。
  • 根音を指定している場合でも、根音が異なるコードも結果として表示されます。なお、根音とベース音は意味が異なるのでご注意ください。

更新履歴