Programming Field

Format - DOS コマンド一覧

スポンサーリンク

ドライブをフォーマットしてMS-DOSやWindowsで利用できる状態にします。

構文

format[.com] <drive-letter>: [/V[:<label>]] [/Q] [/U]
  [/F:<size>] [/B | /S] [/C] [/P:<passes>]
format[.com] <drive-letter>: [/V[:<label>]] [/Q] [/U]
  /T:<track-count> /N:<sector-count> [/B | /S] [/C] [/P:<passes>]
format[.com] <drive-letter>: [/V[:<label>]] [/Q] [/U]
  [/1] [/4] [/8] [/B | /S] [/C] [/P:<passes>]
format[.com] <drive-letter>: [/FS:<file-system>] [/V[:<label>]] [/Q]
  [/A:<aus>] [/C] [/X] [/R:<revision>] [/D] [/P:<passes>] [/S:<state>]
<drive-letter>:
フォーマットしたいドライブの文字を指定します。文字の後ろには「:」(コロン)を付ける必要があります。Substで作成されたドライブやネットワークドライブなどを指定することはできません。
/V[:<label>]
フォーマットしたドライブに付けるボリュームラベルを指定します。このオプションを省略するか、/Vを指定しても「:<label>」を指定しなかった場合は、フォーマット後にボリュームラベルを入力するプロンプトが表示されます。
/Q
クイックフォーマットを実行します。既に(フォーマットしようとするファイルシステムと同じ形式で)フォーマットされているディスクに対してのみ有効です。
/U
[MS-DOS のみ] 無条件フォーマットを実行します。このオプションを指定しなかった場合、既にフォーマットされているディスクをフォーマットする際に今までのアロケーションテーブルとルートディレクトリはフォーマットせずそのまま利用します。また、「/U」を指定しなかった場合はフォーマット開始後すぐに中止すると「Unformat」コマンドを使ってデータをある程度復元することができます。
/F:<size>:
フォーマット後のディスクサイズを指定します。主にフロッピーディスクをフォーマットする際に指定します。指定しなかった場合はドライブのディスクに合った最適なサイズが選択されます。指定できる主な値は以下の通りです。
指定する値サイズと意味
160、160K、160KB160KB、片面・倍密度・5.25インチフロッピーディスク
180、180K、180KB180KB、片面・倍密度・5.25インチフロッピーディスク
320、320K、320KB320KB、両面・倍密度・5.25インチフロッピーディスク
360、360K、360KB360KB、両面・倍密度・5.25インチフロッピーディスク
720、720K、720KB720KB、両面・倍密度・3.5インチフロッピーディスク
1200、1200K、1200KB、1.2、1.2M、1.2MB1.2MB、両面・高密度・5.25インチフロッピーディスク
1440、1440K、1440KB、1.44、1.44M、1.44MB1.44MB、両面・高密度・3.5インチフロッピーディスク
2880、2880K、2880KB、2.88、2.88M、2.88MB2.88MB、両面・超高密度・3.5インチフロッピーディスク
/B
[MS-DOS, Windows 95/98 のみ] フォーマットした際、ディスク内にシステムファイルのための領域を確保します。このスイッチはMS-DOS 6.2以降は無視されます。/S スイッチとともに用いることはできません。
/S
[MS-DOS, Windows 95/98 のみ] フォーマットした際、ディスク内にシステムファイル(MSDOS.SYS、IO.SYS、COMMAND.COM、DBLSPACE.BINまたはDRVSPACE.BIN)をコピーします。システムファイルはコンピューターを起動したドライブからコピーされるため、必然的にそのMS-DOSのバージョン用の起動ディスクとなります。起動ドライブにシステムファイルが無い場合はシステムディスクを挿入する旨のメッセージが表示されます。
[Windows Me] このスイッチを使って起動ディスクを作成することはできません。起動ディスクを作成するには「アプリケーションの追加と削除」から「起動ディスク」タブを選択し、画面の案内に従ってディスクを作成してください。(作成後はCONFIG.SYSやAUTOEXEC.BATを編集して必要なファイル以外を削除することができます。)
/C [MS-DOS, Windows 95/98/Me]
不良クラスタの再チェックを行います。/Cを指定しない場合は不良クラスタのマークがついたクラスタはそのまま残されますが、指定した場合はチェックが行われ、不良でないと判断されたらマークが外されます。
/C [Windows NT系]
ドライブの圧縮を行います。ファイルシステムがNTFSの場合のみ有効です(場合によって/FSスイッチが必要です)。
/1
フロッピーディスクを片面のみフォーマットします。ドライブがこの指定に対応している必要があります。
/4
5.25インチフロッピーディスクを360KB、両面・倍密度でフォーマットします。/1と合わせて指定すると180KB、片面・倍密度でフォーマットします。
/8
5.25インチフロッピーディスクをトラック当たり8セクターの形式でフォーマットします。このオプションを指定する場合/Vスイッチ(ボリュームラベルの指定)を使うことはできません。
/FS:<file-system>
[Windows NT系] フォーマットする際のファイルシステムを指定します。省略した場合はディスクのサイズや種類に合ったファイルシステムが自動的に選択されます。指定できる値は「FAT」「FAT32」「exFAT」「NTFS」「UDF」などです(Windowsのバージョンにより異なります)。
/P:<passes>
[Windows NT系] ボリューム上のゼロ間隔セクターの回数を指定します。/Qスイッチとともに用いることはできません。
/A
[Windows NT系] アロケーションユニットのサイズを指定します。省略した場合は既定のサイズが用いられます。指定できるサイズはファイルシステムによって異なりますが、512以上の2の累乗数である必要があります。
/X
[Windows NT系] 必要に応じて指定されたドライブを強制的にマウント解除(アンマウント)します。この場合、ドライブのハンドルが無効になるため指定されたドライブを利用していたアプリケーションでエラーが発生する場合があります。
/R:<revision>
[Windows NT系] UDFフォーマットにおいて、UDFのバージョンを指定します。指定できるバージョンはWindowsによって異なります(「format /?」を実行して確認することができます)。
/D
[Windows NT系] UDF 2.50において、メタデータの複製を行います。
/T:<track-count>
ディスクの1面(片面)あたりのトラック数を指定します。トラック数を直接指定する必要があるため、通常は/Fスイッチを使います。なお、このスイッチを指定した場合は/Nスイッチも指定する必要があります。
/N:<sector-count>
1トラック当たりのセクター数を指定します。/Tと/Nで指定された値からディスクのサイズも決定されます。
/S:<state>
[Windows NT系] 短いファイル名のサポートを有効にするかどうかを指定します。<state>には「enable」か「disable」のどちらかを指定します。既定では短いファイル名は有効になっています。

解説

ドライブをフォーマットし、まっさらな状態にします。フォーマットすると以前の内容が失われるため、実行には十分に注意が必要です。なお、通常は起動ドライブをフォーマットすることはできません。

Format.comは、(フロッピーディスクを除いて)フォーマット前に確認のメッセージを表示します。フォーマットを開始する場合は「Y」、中止する場合は「N」を入力します。

Format.comは主に以下の終了コードを返します。Ifを使うことで条件分岐を行うことができます。

コード意味
0フォーマットは正常終了しました。
3Ctrl+Cによって実行が中止されました。
5「別のディスクのフォーマットを行いますか?」のプロンプトで「いいえ」(N)が選択されました。
4上記以外の致命的なエラーが発生しました。

サンプル1

format A: /S

[MS-DOS, Windows 95/98] Aドライブ内のディスクを起動ディスクとしてフォーマットします。

サンプル2

format H: /FS:NTFS

[Windows NT系] HドライブをNTFSでフォーマットします。

サンプル3

format E: /FS:UDF /R:2.60

[Windows 7以降] EドライブのCD/DVD/BDをUDFバージョン2.60でフォーマットします(2.60はWindows 7から対応)。